姿勢・猫背を改善するトレーニングを
トレーナーが伝授!三郷市のキヅスポ

教え子が甲子園のマウンドに!!彼から学ぶ40代以上に足らないところ。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

三郷市

姿勢改善トレーナー

 

キヅスポ 木津です

 

 

 

 

昨日、ついに教え子が

聖地、甲子園のマウンドに立ちました。

CD右斜め下右斜め下右斜め下

 

二松学舎高等学校

 

重川 創思 (おもかわ そうし)

 

 

 

 

 

 

彼がマウンドに上がった瞬間は

全身に鳥肌が立った。

 

 

あのかわいかった創思が

夢の舞台に立っている!!!!

 

 

 

 

そして堂々と相手打者に対している。

 

 

 

 

 

 

 

 

東東京大会では無失点無死四球の成績を引っ提げて

甲子園に乗り込んできた、

 

2年生ながらチームのセットアッパー的な役割を担う。

 

 

 

 

感動しかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、そんな創思にも甲子園の魔物が

襲い掛かった。

 

 

ランナーを1塁3塁に置き

左打者に対してインコースに厳しく投げたボールが、

痛恨のワイルドピッチ。

 

 

 

 

9回の表に同点に追いつかれる、

なおピンチは続きランナー2塁。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしここは得意の変化球で

三振に仕留める!!

 

 

 

 

 

 

その後チームはサヨナラ勝利。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで次の試合の楽しみも増えました。ほっとした顔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼はここに来るまで

どれくらいの困難とプレッシャーを背負いながら

前進してきたのだろうか・・・

 

 

 

名門野球部に入って、

練習についていくだけでも大変なこと。

 

 

 

しかもそこで

背番号を勝ち取り、

 

試合で任せられる存在になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

すげーわ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の高校時代は

最高で背番号11番を

つけさせて頂いた。

 

 

 

しかし、この時は投手登録であったのだけど、

恥ずかしながら

 

実際、公式戦で投げたことはゼロ。

 

 

 

 

いわゆる、マルチプレイヤー的存在であった。

 

 

 

ざっくり言うと秀でる選手ではなかったってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、創思のように

予選から大事な場面で登板して

 

ピンチを切り抜けるような

ピッチングはしたことがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

機会があったら本人と話をしてみたい。

 

 

 

想像できることは

当時の負けん気の強さは

健在なんだろうとも思う(笑)

 

 

 

 

 

 

その気持ちの強さで

常に、挑戦、挑戦

 

 

 

この気持ちが大事なんだよな。

 

 

 

 

 

 

 

高校野球経験者だからこその

凄さがマジマジと伝わった。

 

 

 

この歳になって

教え子から学ばさせてもらった気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は姿勢の良し悪しを決定付ける

一つの要因に

 

 

 

心理的な側面は切り離せません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物事に対して積極的にトライできる人は

姿勢がよくなります

 

 

 

 

 

 

例えば、ブリッジをしてみましょうか?

 

 

 

と私が提案した場合、

 

 

 

「えっ?何年ぶりだろう!!

出来るかな?」

 

 

と言いながらもチャレンジする人。

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

「アッ、無理です。。。

〇〇を痛めそうなんで、ちょっと出来ません」

 

 

 

やってもみない前から

完全に諦めてしまう人。

 

 

 

 

 

 

 

この差って、メチャクチャ大きいですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やってみたら、もしかしたら出来るかもしれないのに

そのチャンスを何もやらずに潰してしまうパターンに

 

あなたには陥ってほしくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もいきなり100%を求めている訳ではなく、

そのうちの10%、20%でもいいから

 

「チャレンジした!!!」

 

 

 

 

 

という、事実がほしいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代人は、完全なる運動不足。

 

 

またの名を感覚不足。

 

 

 

 

 

 

 

 

一日中椅子に腰かけ、

パソコンを相手に仕事。

 

 

 

 

休みの日は、サブスクで

動画鑑賞。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな生活をしていたら、

姿勢なんて1mmも改善されない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと外に出て自然と触れ合って、

四季を感じて

 

 

五感を刺激するべき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲子園で躍動する球児たちは

輝いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私を含め、

30代、40代、50代の

大人たちよ。

 

 

 

まだまだこれからだぜ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャレンジングな日々を送ろうじゃないの!

 

 

 

 

 

ではまた^ ^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒341-0044
埼玉県三郷市戸ヶ崎4-83-2
マップを見る
定休日 水曜・日曜・祝日
受付時間 9:00〜21:00
キヅスポのHP

           

姿勢改善トレーナー

                               
名前木津 恒一
住まい埼玉県

Profile

私の使命は、運動を通して人々を健康と笑顔にすることです

  • ①100歳まで元気に長生きする体作り
  • ②スポーツを生涯楽しめる体作り
  • ③姿勢を整え自信に満ち溢れた子供を形成

現代人の8割以上が一日8時間以上も座り続けています。このことで体幹筋群が使われなくなり、その結果不良姿勢を招き、腰痛や肩こりといった慢性的な疾患を患っております。
そこで運動が必要になるわけですが、残念ながら”いわゆる筋トレ”では改善されません。過去の私は筋トレを週に6回行っていましたが、腰痛と肩こりに日々苦しんでいました。
そこで行き着いた先が【TBP理論】です。その結果現在では慢性的な痛み一切ありません。

さぁ、次に変わるのはあなたです!

月別記事